ニュースリリース詳細

2018.08.02

タンパク質の勉強会が開催されました

「タンパク質」と聞いてあなたは何を思い浮かべますか?

肉、卵、牛乳…など身近な食物に多く含まれています。
それなら毎日摂っているから大丈夫!と思われそうですが、普段の食生活では満足な量を摂れていないことが分かりました。一日に必要な量は体重1㎏あたりタンパク質が1g。つまり体重60㎏の方だと一日60g摂らなくてはならないことになります。スポーツなどをされる方はプラス30g程必要です。

では何をどのくらい食べれば必要量を摂れるのか。
例えていうと、鶏ささみだと約6本分、卵は約10個分、牛乳は牛乳パック約2本分摂らなければなりません。上手に食材を組み合わせてなんとか…と思ってもそう簡単に摂れる量ではありません。そのため日本人はほとんどの方がタンパク質不足といえるそうです。

タンパク質は骨や筋肉、皮膚や毛髪など、私たちの体をつくる材料として使われているため、それらが不足すると体の様々な機能が衰え始めます。例えば筋肉量が減少して痩せにくくなる、皮膚の材料であるコラーゲン、エラスチンが不足してしわ、たるみの原因になる、または髪の毛の材料であるケラチン不足により枝毛や切れ毛、薄毛の原因になるなど体のあらゆるところに支障をきたします。

残念ながらタンパク質不足状態の体にダイエットに効くといわれるサプリメントや育毛剤を使っても、それなりの効果しか得られないそうです。それほどタンパク質は私たちの体には必要なものなのです。普段から問題なく食生活を送れている方がもしタンパク質不足となれば積極的に肉製品などを摂り入れ、意識して食生活を変えることができます。

しかし年配の方はそれが簡単にいかないこともあります。噛む力が衰え、肉類の摂取量が減少したり、食欲低下により食事全体の量も減少したりしやすくなります。そのうえ消化吸収力も弱まりやすいため栄養分を十分に取り入れにくくなります。慢性的なタンパク質不足により知らず知らずのうちに健康寿命を縮めてしまっているかもしれません。
そのような年配の方も成人の方もまずは気軽にできることから始めていきましょう。いつもの晩ごはんのおかずに肉や魚のおかずを一品プラスすることも一つの方法です。

または最近話題となっている「大人の粉ミルク」を摂り入れることもおすすめです。森永乳業の『ミルク生活』は100mlの水に20gを溶かして飲むとおよそ2gのタンパク質が摂れます。試飲させていただきましたがやさしい甘みでとても飲みやすい味でした。タンパク質の他、カルシウムや鉄なども一緒に補給できるので普段の食生活で不足しがちな栄養素をバランスよく摂取することができます。また食事自体を満足に摂れない方や今の時期夏バテにより食欲がない方などには『クリミール』という総合栄養飲料がおすすめです。一本あたり200キロカロリーあり、タンパク質は7.5g配合。その他にカルシウムやビタミンD3、亜鉛、食物繊維など必要な栄養素を総合的に摂ることができます。またシールド乳酸菌配合により、腸内の免疫細胞に刺激を与え免疫機能も高めることができるのです。

ミルク生活もクリミールもタンパク質をはじめ、食事で摂りきれない栄養素を摂取でき、健康に不安がある方やいつまでも元気でいたい方など、あらゆる方のニーズに応えられると思います。ぜひ試していただきたいです。

またはじめにも述べたように、タンパク質は私たちには必要不可欠でありながら多くの方が不足気味であるため、成長期のお子さんから年配の方まで一日の摂取量を意識していく必要があります。毎日元気でいられるよう、食生活の見直しや適度な運動、そしてミルク生活などのタンパク質製品などを積極的に摂り入れていきましょう。

森永乳業 ミルク生活300g

ページトップへ